四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄

投稿者: | 2021年9月1日
ショーボンドHD(1414)
ショーボンドHD(1414)などはその代表的な一角だ。今22年6月期で10期連続の営業増益となる見込みで、財務も「鉄板」。月足チャートを見ると、年後半に高値をつける習性もあるので好機かもしれない。三井不動産(8801)
三井不動産(8801)などが母体となり、「新宿三井ビルディング」「ゲートシティ大崎」「六本木ティーキューブ」などオフィスビルに投資する。12カ月に換算した営業収益は、牛丼チェーン「松屋」を展開する松屋フーズホールディングス(9887)に匹敵する。

野村不動産マスターファンド投資法人(3462)
2015年に野村不動産系のREITが合併し誕生。2016年にトップリートも吸収合併して資産規模を拡大させた。現在の保有資産規模は1兆円を超える。代表的な投資物件に「日本電気本社ビル」「新宿野村ビル」がある。