四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄

投稿者: | 2021年11月14日

シーズメン(3083)

カジュアル衣料の小売り専門店を展開するシーズメン(3083)がランキング第1位だった。2021年11月第1週の株価上昇率は182.5%(2.825倍)に及んだ。同社は10月22日、業務提携によりメタバースファッション専門のアパレルブランドを新設すると発表。この新事業進出が市場に好感されて、株価が急騰した。

エスユーエス(6554)

AR(拡張現実)・VR(仮想現実)技術の開発に注力しており、メタバース関連銘柄として注目されたもようだ。

INCLUSIVE(7078)

メディア企業のインターネットサービスの支援などを手がけるINCLUSIVE(7078)。同社は、小型衛星打ち上げロケットなどを独自開発するインターステラテクノロジズ(非上場会社、以下「IST」)との資本提携を10月26日に発表、買いが集まった。ISTは、2019年に日本の民間企業としては初めて宇宙空間に到達するロケットの打ち上げに成功したことで知られる。同社のファウンダー(創業者)は、実業家の堀江貴文氏だ。